目次

十島村について

HOME > 十島村について > 十島村の概要

本文

十島村の概要

村長のあいさつ

十島村長 肥後正司
十島村長 肥後 正司

私たちのふるさと十島村は、屋久島と奄美大島の間に点在し、トカラ列島と呼ばれ、北から口之島、中之島、平島、諏訪瀬島、悪石島、小宝島、宝島の有人7島と、臥蛇島、小臥蛇島、小島、上ノ根島、横当島の無人5島の合わせて12の島々で構成されています。南北約160kmに及ぶ「南北に長い村」であり、島々は、広大な海によって隔絶され、厳しい自然環境にありますが、民俗的にも琉球文化と大和文化の接点と言われ、今もなお独持の祭事・郷土芸能が受け継がれています。また、県立自然公園にも指定され、自然生物学的にも温帯と亜熱帯の交差地域とされ、生物の中には、国や県指定の天然記念物も多く含まれています。近年の本村の取り巻く環境は極めて厳しいものがありますが、スローライフ、スローフードに代表されるような「癒しの空間」を創造・提供し、「人と自然が創る ぬくもりの島々」を目標に掲げ、村民一体となって英知を集め、健康で明るく潤いに満ちた、元気で住みよい村づくりに努力しているところであります。


シンボルマーク

シンボルマーク

村のシンボルマークは七つの島の団結と連帯感を表しています。「TOKARA」は音の響きに心地好さとイメージを大切にしたものであり、ローマ字は、今後の国際化への対応を表しています。また、カラーはブルーで十島の海の透明の美を表しています。


村のキャッチフレーズ

刻(とき)を忘れさせる島 トカラ

十島村は、屋久島と奄美大島の間に、有人七島と無人島五島からなる南北約160kmという「南北に長い村」です。火山の島、珊瑚礁の島、温泉の島とそれぞれに特色を持つ無垢の自然と、大和・琉球の両文化の影響を受けた特有の文化を有し、人情豊かな人の輪が脈々と息づいています。

十島村の歴史

十島村は、「トカラ」とよばれていますが、その名の由来については、沖縄・奄美地方で沖の海原を意味する「トハラ」から派生したという説、宝島に乳房の形をした女神山があることから、アイヌ語の乳房を意味する「トカプ」に由来するという説、また、「宝島」の「タカラ」から派生し、列島全体を指すようになったという説などさまざまですが、決め手になるものはありません。古くは、「日本書紀」で述べられているのが初見であり、近世に入り、三島村を含めた有人十島をあわせ「じっとうそん」と呼んでいましたが、昭和27年の日本復帰後は、三島村の三島と分離し、七島だけを「としまむら」と呼ぶようになりました。

資料

※PDFファイルが新しいウィンドウで開きます。

村章・村木・村花・村鳥

村章 村木 村花 村鳥
村章 村木

ビロウ
ヤシ科の植物で15mの高さがある。

村花

マルバサツキ
5月~6月にかけて淡い紅色の花を咲かせる。

村鳥

アカヒゲ
コマドリによく似た国の天然記念物で「森の妖精」の異名を持つ。

十島村の位置

トカラ列島
位置
  • 北緯: 29°08’~ 29°59’30”
  • 東経:129°13’~129°55’01”
距離(鹿児島市からの航路距離)
  • 北端(口之島)まで204km
  • 南端(宝島)まで334km
  • ※口之島~宝島が130km
有人島(7島)
  • 口之島・中之島・平島・諏訪之瀬島・悪石島・小宝島・宝島
無人島(5島)
  • 臥蛇島・小臥蛇島・小島・横当島・上ノ根島
総面積
  • 101.35km2
総周囲
  • 148.53km
最高点
  • 979.00m(中之島御岳・鹿児島県で10番目の高さ)
火山帯

トカラ列島は、霧島・屋久島火山帯に属しており、中之島の御岳及び諏訪之瀬島の御岳は現在でも噴煙を上げ、活動する活火山です。また、口之島・中之島・諏訪之瀬島・悪石島・小宝島では温泉が自噴しています。

地形

口之島から悪石島までの各島は、火山特有の地形であり、周囲は断崖絶壁に覆われ起伏が激しく平坦地が少ない地形です。

小宝島・宝島の各島は、珊瑚礁が隆起した島であり、山も低く比較的に平坦地も多くあります。

気候

温暖で雨も多く、夏季は台風の常襲地帯であり、冬季は北西からの季節風が強く吹きます。

統計資料

※PDFファイルが新しいウィンドウで開きます。

トカラ列島(有人島)

トカラ列島(無人島)

臥蛇島
臥蛇島
小臥蛇島
小臥蛇島
小島
小島
上ノ根島
上ノ根島
横当島
横当島