○十島村ごみ処理施設の設置及び管理に関する条例

平成29年3月16日

条例第22号

(目的)

第1条 この条例は、一般廃棄物を適正かつ衛生的に処理するため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、十島村ごみ処理施設(以下「施設」という。)の設置及び管理に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

口之島焼却炉施設

十島村大字口之島4番地25

中之島焼却炉施設

十島村大字中之島150番地315

諏訪之瀬島焼却炉施設

十島村大字諏訪之瀬島401番地2

諏訪之瀬島生ごみ処理施設

十島村大字諏訪之瀬島401番地2

平島焼却炉施設

十島村大字平島346番地

平島生ごみ処理施設

十島村大字平島346番地

悪石島焼却炉施設

十島村大字悪石島158番地4

悪石島生ごみ処理施設

十島村大字悪石島158番地4

小宝島焼却炉施設

十島村大字小宝島89番地2

小宝島生ごみ処理施設

十島村大字小宝島89番地2

宝島焼却炉施設

十島村大字宝島1601番地1

(搬入の許可)

第3条 施設に一般廃棄物を搬入しようとする者(以下「搬入者」という。)は、十島村廃棄物の処理及び清掃に関する施行規則(平成10年規則第7号)第4条の規定に基づき許可された者でなければならない。ただし、村長が必要と認める場合は、この限りでない。

(搬入許可の取消)

第4条 村長は、搬入者が、この条例又はこの条例に基づく規則に違反し、指示に従わないときは、搬入許可を取り消すことができる。

2 前項の規定により、搬入者が損失を受けることがあっても、村は、その補償の責を負わない。

(損害賠償)

第5条 搬入者が、施設及び設備などを滅失又はき損した場合は、村長の指示により原形に復し、又はその損害額を賠償しなければならない。ただし、村長がやむを得ない理由があると認めたときは、この限りでない。

(管理の委託)

第6条 村長は、必要があると認めるときは、施設管理業務を委託することができる。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、施設の管理運営に関し、必要な事項は、必要に応じて定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年条例第33号)

この条例は、公布の日から施行する。ただし、平島焼却炉施設については公布の日から起算して1月を超えない範囲において規則で定める日から施行する。

十島村ごみ処理施設の設置及び管理に関する条例

平成29年3月16日 条例第22号

(平成30年1月13日までに施行予定)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成29年3月16日 条例第22号
平成29年12月14日 条例第33号