11月1日~7日は地域が育む「かごしまの教育」県民週間でした。平島小・中学校では,今年も全学級の道徳の授業参観,ふれあい体育・給食,学習発表会などを行いました。

 初日の1日は特設の授業参観,ふれあい体育,ふれあい給食を行いました。授業参観では全学年,道徳の学習を実施しました。子どもたちは,観に来てくださった方々の前で自分の考えを発表するなど,リラックスした雰囲気でいつもの学習の様子をみていただくことができました。

 『ふれあい体育』では,学校にお越しいただいた方々にも参加していただいて,みんなで「木の中のリス」,「ことろ鬼」,「シュワッチ」,「ボーリング」を行いました。どのレクリエーションでも,笑顔がいっぱいはじける楽しいふれあいの時間になりました。

 『ふれあい給食』では,保護者,寮監,地域の方々と一緒に給食を食べました。子どもたちはみんなで食べたので,よりいっそうおいしく,楽しくいただくことができたようです。たくさんの給食を作っていただいた調理員の方々にも,おおいに感謝することでした。

 その他にも,県民週間を通じて平島小・中学校の様子をご覧いただき,学校の教育活動について理解を深めていただいく機会になりました。これからも,地域と協力しながら平島を元気にし,「平島と共に歩む学校」であり続けたいです。

 

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

 10月30日(火)に,校内での研究授業がありました。今回は中学校の保健体育の授業で,中学1年生の保健の学習を行いました。学習主題は「心の働きと大脳の関係」についてです。心の働きは知的機能・情意機能・社会性に分けられ,これらの働きが大脳で営まれています。中学生は一人ですが,山海留学生としてきている生徒はワークシートや資料を活用しながら,心の働きは大脳で営まれており,様々な経験や学習を通して発達していくことをしっかりと理解してくれたようです。これからもいろいろなことに挑戦して,ここ自然豊かな平島での経験を大脳の発達につなげてほしいです。

 平島小・中学校では,児童生徒一人一人にあった,個に応じた学習指導をしています。平島小・中学校での様々な経験が大脳の発達につながり,それが学力を向上させていくことを期待しながら,一人一人を大切に育てて生きたいと思います。

     

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

学習発表会練習~ダンス編~(10月25日)

 全校児童生徒で発表するダンスの練習をしました。曲は『学園天国』です。グループ名は全校児童生徒が5名ですので,『平島ファイブ』に決定しました。子どもたちは歌を聴いたことはあっても,実際に歌詞をのせて歌うのは初めてだったようです。ダンスのステップに苦戦することもありましたが,得意な子どもが苦手な子どもに教えたりするなど,お互いに声をかけ合いながら最後まで踊りきることができるようにはなりました。後は,もっと上手に踊れるように練習あるのみです。練習期間は短いですが, お互いに協力して学習発表会本番までにもっともっといい発表ができるように頑張ります。

 学習発表会本番には,たくさんの方々にお越しいただけることを楽しみにしています。一人一人が主人公の学習発表会に,あなたも参加してみませんか?

  IMG_1339.JPG   IMG_1390.JPG

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

学習発表会練習~朗読劇編~(10月20日)

 全校児童生徒でおこなう朗読劇の練習をしました。演目は『3年とうげ』です。小学校3年生の国語の教科書にのっている物語です。今年の劇は5人でできそうで,誰もが知っているこの物語に歌をつけて発表することにしました。

 朗読は,音読の宿題や毎月実施される島内朗読で練習してきたためか,スムーズに練習が進みました。しかし歌は,日本民謡調の音程やリズムを取ることが難しいようでした。そのため,職員も一緒に,その曲を朝の会で子どもたちと歌うなど,繰り返し繰り返し練習してきました。その成果がようやく出てきたのがこの日の練習でした。まだまだ声は小さめですが,学習発表会本番までに美しい歌声を響かせてくれるように練習を頑張ります!

 平島小・中学校では,小規模校ならではの活動をいくつも取り入れています。学習発表会本番まであと少しです。5人の子どもたちみんなが主役の学習発表会です。人前で発表することが苦手な子どももいますが,その殻を打ち破れるように精一杯の発表をめざします。

IMG_1188.JPG   IMG_1185.JPG

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

 10月14日(土)に,「第11回トカラ列島島めぐりマラソン大会」が行われました。走る前と走り終わった後に,雨が降りましたが,幸いに走っているときには雨は降りませんでした。平島・小中学校は,児童生徒5名,職員4名の計9名でタスキをつなぐリレーマラソンとして参加しました。約4キロ弱のコースでしたが,平島も他の島同様に坂が多く,ランナーにとってはなかなか大変なコースだったと思います。子どもたちも,それぞれ任された区間を一生懸命に走り,ゴールまでタスキつないでくれました。また,翌朝は港にてフェリーの見送りがあり,平島太鼓を演奏しました。フェリーからは大勢の方々が見てくださっていて,あんなに大勢の観客の前で演奏したのは初めてだったにも関わらず,子どもたちや職員は最後まで立派に演奏していました。あっという間に終わった二日間にわたるイベントでしたが,子どもたちにとっても貴重な経験になったと同時に,子どもたちの校外での頑張りを見ることができて,職員にとっても嬉しいひとときでした。

 平島小・中学校では,様々なイベントに積極的に参加して,たくさんの思い出を作ることができます。その経験が,きっと自分の人生にとって何かの役に立つと思います。南の島ならではのいろいろな体験をすることは,小中学生にとって成長の糧になると信じて,これからもたくさんの体験活動を計画していきます。

トカラ列島マラソン①.jpg トカラ列島マラソン③.jpg トカラ列島マラソン②.jpg

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

 10月10日(月)に,総合的な学習の時間で「島豆腐作り」が行いました。島豆腐は,にがりとして「海水」を使用するという特徴があります。今回は,寮監さんに講師をしていただき,島豆腐作りに挑戦しました。初めて体験する子ども,体験したことのある子ども,職員も含めて全員がとても興味深そうな様子でした。大豆をミキサーでくだいたり,鍋で焦げないように煮込んだり,子どもたちも率先して手伝っていました。出来上がってからの試食では,どこからともなく「おいしい!」という声が上がっていました。ほんのり塩味がして,薬味をつけなくても大変おいしかったです。子どもたちも,自分たちで一から作った豆腐は,格別のものだったようです。

 平島小・中学校では,平島の「伝統」「人」「自然」を生かした学習をたくさん取り入れています。地域の方に講師をお願いするなどして,子どもたちにとって非常に貴重な体験の場となっています。昔から引き継がれてきた「島豆腐」作りです。最近は、作る人も少なくなってきています。しっかりと受け継いで、平島の伝統として残していきたいものです。(悪天候のため、ここ10日ほど、インターネット回線がつながらずホームページ・ブログの更新ができませんでした。暫定的につながっていますが、完全復旧するにはもうしばらく時間がかかりそうです。復旧しましたら、またブログの更新を定期的に行っていきます。)

島豆腐作り③.jpg 島豆腐作り②.jpg 島豆腐作り①.jpg

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

9月26日(火),十島村の小・中学校の栄養教諭と学校薬剤師が来校し授業を行いました。3時間目は学校薬剤師による「薬物乱用防止教室」。シンナーや覚醒剤の恐ろしさ,たばこが自分や身のまわりの人に与える影響など,写真を見ながら分かりやすく説明してくださいました。また,児童生徒は,薬物使用を誘われた時に,絶対断ることが大切だということが分かったようです。

4時間目は栄養教諭による「小学生への食育指導」。「朝ご飯について」学習しました。朝ご飯はどんな役割を担っているのかを考えた後,自分の考えた献立の発表です。4名それぞれが,栄養バランスのとれた献立をたててくれました。児童は,今まで朝ご飯を食べて来ない日もあったようですが,朝ご飯の話を聞いて毎日食べてくるようになりました。

5時間目は栄養教諭による「中学生への食育指導」。「おやつについて」学習しました。1日におやつをどのくらい食べるかを発表した後,おやつの役割や食べ方について考えました。美夕さんは,おやつは考えて食べないといけないなと感想を述べてくれました。

児童生徒は,薬物の恐ろしさや毎日の食について学ぶいい機会になったようです。今日学んだことをしっかり実生活に生かしてほしいです。

平島小・中学校では,栄養教諭や学校薬剤師が来校した際,薬物乱用の恐ろしさや食についての指導をします。他にもALTやスクールカウンセラーが来校した際の学習も,児童生徒にとってよい刺激となっているようです。離島であっても,たくさんの方にお越しいただいて,学習の機会を設けるように工夫しています。

  

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

9月23日(土),十島村「ファミリー劇場」が行われました。今回は鹿児島市から2人の一流ミュージシャンをお迎えして,島唄を聴いたり,一緒に踊ったり,歌ったりしてとても楽しい音楽ライブとなりました。特に,平島小・中学校の校歌を,ピアノの伴奏で島唄で歌っていただいた時は,本校の児童生徒だけでなく,本校出身の島民の方々にとってもうれしかったようです。また,小学5年の檜さんは,児童生徒代表として三線を初めて演奏しました。県外出身の児童生徒にとって,三線の音を聞き,ボリュームのある島唄を生で聞くことさえも初めてで,鹿児島の伝統の音楽を生で聴く貴重な経験となりました。鹿児島には他にも鹿児島ならではの楽器や歌があります。県外出身の本校の児童生徒にこれからも鹿児島の文化や歴史に,大いに触れて鹿児島を肌で学んでほしいです。

 平島では,島外から来られた方々から,様々なことを学ぶことができます。今回は島唄でしたが,他にも薬剤師による薬の話や人権についての話など,多くの分野の話を聞くことができます。経験からの知識を豊かにするいい機会になっています。

      

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

9月20日(水)に「土とふれ合おう」で,花植えの準備と草取りをしました。今回は春に咲く花を植えるために,草取りや土の入れ替えを行いました。作業分担はこどもたちで話し合い,作業をスムーズに進めていました。「プランターを1人5個は完成させる」という先生が出した目標はすぐに達成し,全員で合計31個のプランターの土を入れ替えることができました。2回の台風で,夏・秋の草花がほとんどやられてしまい,学校がなんだか寂しい感じがしています。でも,みんなで頑張った分,春になればまたたくさんの花で囲まれた学校にすることができそうです。今年は,小学校の卒業式もありますので,たくさんの花が咲くといいです。

平島小・中学校で私たちと一緒に,花いっぱいの学校にする方法を学んでみませんか。大変だけど,花がいっぱい咲くと,とてもうれしいですよ。

IMG_0263.JPG IMG_0264.JPG IMG_0282.JPG

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

9月20日(水)のタイラの時間は「跳ぶ日」でした。今回は5人全員で,縄跳び運動で八の字跳びや長縄跳びを行いました。平島小・中学校が取り組んでいる「チャレンジかごしま」の種目の1つでもあります。人数が少ない分,跳ぶ順番がすぐに回ってくるため,子どもたちは苦戦しているようでした。子どもたち同士で作戦も立て, 今回は22回も跳べました。次は,30回を目標に跳んで見ようと,みんなで話をしていました。次が楽しみです。

 平島小・中学校では,小規模校でありながら様々な活動に取り組んでいます。平島小・中学校で私たちと一緒に,長縄跳びに挑戦してみませんか。苦手な人も,すぐに跳べるようになりますよ。

 IMG_0248.JPG IMG_0250.JPG

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

検索

アイテム

  • IMG_1339.JPG
  • IMG_1390.JPG
  • IMG_1336.JPG
  • IMG_1218.JPG
  • IMG_1188.JPG
  • IMG_1185.JPG
  • トカラ列島マラソン③.jpg
  • トカラ列島マラソン②.jpg
  • トカラ列島マラソン①.jpg
  • 島豆腐作り③.jpg