目次

観光案内

HOME > 観光案内 > 観光地案内

本文

観光地案内

観光ガイドブック

トカラの自然と生物

紺碧の海にはぐくまれた豊饒な世界

トカラ列島は東シナ海と太平洋の荒波が合流する黒潮の通り道にあたる周辺の海域は水温が高く、サンゴ礁や豊富な魚類をはぐくむ豊饒な海です。色とりどりのサンゴ礁とそこに暮らす魚やウミガメが集う海は、まさに楽園といった趣きがあります。

紺碧の海にはぐくまれた豊饒な世界
  1. 大籠海水浴場:宝島…天然の入り江を利用した海水浴場
  2. 平瀬海水浴場(海中プール):口之島…リーフでできた天然の海水プール
火山岩類からなる山の島と隆起珊瑚礁からなる平坦な島

トカラ列島はアジア大陸東岸の北緯30度付近に位置することから「亜熱帯気候」といわれ、年間の平均気温は20度、夏は熱帯のような暑さとなり、冬は温暖です。

火山岩類からなる山の島と隆起珊瑚礁からなる平坦な島
  1. 七ツ山海岸線:中之島…ヤルセ付近から見た海岸線と御岳
  2. ハイビスカス…各島に咲き乱れ人々の目を楽しませる。
  3. ガジュマルの木…各島に多く生息する。
  4. アダンの木…画家の田中一村が描いた事でも有名な植物
  5. 島バナナ…果実は小ぶりだが糖度も高く味も濃くておいしい
亜熱帯気候にはぐくまれた多様な生物の宝庫

南西諸島は気候的には温帯と亜熱帯への移行帯にあたり、屋久島と奄美大島の間に点在するトカラ列島がちょうどその境界にあたると見られ、トカラ以南には亜熱帯・熱帯系の動植物が多く見られるようになります。

亜熱帯気候にはぐくまれた多様な生物の宝庫
  1. トカラウマ…鹿児島県の天然記念物に指定されている。現在、トカラ列島でも中之島だけに、約11頭のみ大切に飼育されている。
  2. トカラカラスアゲハ…全体的に緑色が強く、特に前翅の表に太い黄緑色帯が表れる美しいチョウだ。
  3. トカラヤギ…日本在来種二種の一つに数えられる。近年では愛玩用として人気がある。
  4. 野生牛…トカラ列島の野生牛は、純血種和牛であり、世界で口之島だけに棲息している。
  5. タモトユリ…口之島の固有種で、他の種類のユリと違い、天を向いて開花し香りが強い。鹿児島県天然記念物指定。
【自然保護にご協力を】

十島村は県立自然公園に指定されております。平成16年6月22日から十島村昆虫保護条例が施行されました。この条例により、十島村内の昆虫(幼虫、さなぎ及び卵の状態にあるものを含む)は、村有地内において採取保獲が出来なくなりました。皆様のご理解ご協力をよろしくお願い致します。